知人・友人からお金を借りるときの上手なメール文章

自分で何らかの事業を起こす際の資金として幾らかお金が必要になったり、どうしても返す必要のある借金の返済のために急きょお金が必要になったり、生活費のやりくりが上手くいかなかったがために月末を乗り越えることが出来ないかも知れないからお金を借りる必要のある状況になったり。
人によって程度も借りたい金額もさまざまですが、こういったシチュエーションは生きていれば誰でも一度は起こり得るものです。
そんな時、一番手っ取り早くて、なおかつリスクも最小限に抑えることの出来るお金を借りる先となるのが「知人・友人」ではないでしょうか。
お金を借りるというのは決して簡単な事ではありませんが、困っている時には仕方がありません。
知人・友人ならば大抵の場合、金利を気にする必要はありませんし返済期限に関しても余裕を持つことが出来ます。
では、知人・友人に実際にお金を借りる必要に迫られた際、どのような文章のメールを送れば希望通りの金額を借りることが出来るのでしょう。
メールでの文章は顔を合わせての会話に比べて、相手にダイレクトに気持ちや書かれている内容が伝わりますから、ただ「お金を貸して欲しい」と書いただけでは怪しまれてしまいます。
まずは「なぜ借りたいのか・どうして借りる必要があるのか」について、相手に分かりやすい文章で伝えるように心掛けましょう。
次に伝えるべきは「きちんとした返済意思があるという事」。この部分は非常に大切ですから、心を込めて、絶対に返すという思いと具体的な返済期限について記します。返済期限は無理のない期間を設定しましょう。なるべく早く返したほうが良いのは当たり前ですが、守れない約束は逆に信用を失いかねません。
最後に自分が借りたい金額を今までの文章に添えて、どうか検討して欲しいという言葉で締めましょう。
お金の借り方完全ガイド|どうしてもお金が必要な時お金を借りる方法はこちら

Comments are closed.